BioGaia バイオガイアジャパン株式会社BioGaia バイオガイアジャパン株式会社

会社概要

人類と菌の共存

人類と菌の共存 イメージ1
まず、最初に身近な例からお話してみましょう。
女性にとって、お肌のトラブルはいつも悩みの種ですよね。にきび、吹き出物、くすみ、カサカサ肌、目の下のクマなどいろいろです。これらのトラブルの原因は一体何でしょう?
大きな原因の一つは、新陳代謝の低下です。皮膚は肌の奥の真皮で細胞分裂を繰返しながら、約4週間で新しい皮膚に生まれ替わります。新陳代謝が低下するということは、このサイクルがスムーズに回らなくなり、新しい皮膚に生まれ変わるのに時間がかかってしまうのです。いつまでも古い角質がはがれないまま残っていると、くすみや部分的なカサつき、吹き出物の原因になります。また新陳代謝の低下は血液循環を悪くし、目の下にクマをつくる場合もあるようです。

 この新陳代謝の低下は悪玉菌が作る毒素により起こります。便秘でおなかの中に何日も便をため込んでいると、腐敗が進み悪玉菌が大量に増えて有害物質が発生します。それは腸管内にとどまらず、全身に悪影響を及ぼし、新陳代謝の低下をももたらします。また、この毒素がガスとして排出されない場合、大腸内の豊富な血管から血液中に溶け込み最終的に皮膚から排泄されるため、そのとき毒素が直接皮膚にダメージを与えるのです。

 逆に、ロイテリ菌のような善玉菌が増えると、血液循環が改善します。それにより、イキイキとして、血色のよい肌になります。また腸内細菌はビタミン等を作り出しますから、それによって健康的な肌になります。さらに、胃腸を健康に保つことで吹き出物、荒れ、くすみの少ない肌にどんどんなっていきます。
「肌は内臓を写す鏡」といわれています。
肌荒れが気になっているときは、化粧品の見直しよりもまず、体内菌に負担がかかっていないかどうかを思い起こす方が先決です。
・お薬をたくさん飲んでいないか?
・食習慣が偏っていないか?
・生活習慣が乱れていないか?
・ストレスを抱えていないか?
これらのことはすべて善玉菌に負担をかけている状態です。

人類と菌の共存 イメージ2

もう一つの例として、赤ちゃんがいらっしゃるお母さんの悩みの一つに「夜泣き」や「長泣き」があります。これは普通に泣くのとは異なり、激しくひきつけを起こすくらい長時間にわたって泣く症状です。これは赤ちゃんが単にムズがって泣いているのではなく、オナカの激しい痛みのためです。まだオナカの微生物の構成が未熟なので、消化管の機能が十分作用しません。このような場合、ロイテリ菌を与えることにより赤ちゃんの夜泣きや長泣きの時間が短縮された報告も多くされています。ロイテリ菌による善玉菌の増加、悪玉菌の発育抑制作用によるものと考えられます。

このように体内の微生物のバランスが胃腸機能に影響を与え、最終的にはお肌の健康や夜泣き、長泣きの時間をも左右するというわけです。

人類と菌の共存 イメージ2

それでは、ヒトは生まれてからどのように微生物と出会っていくのでしょうか?
赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときは無菌状態ですが、母さんの産道を通って産まれるか、帝王切開で産まれるかによって初めて出会う菌の種類が異なります。産道を通って産まれた赤ちゃんは産道に住んでいる多くの善玉菌と出会いますが、帝王切開の場合はお母さんの皮膚の菌だけです。このようにスタート時点で菌の量や種類に差があります。そして生後1年半から2年の間にほぼ成人の微生物の構成ができあがります。また、産まれてから出会う微生物の順番とタイミングは体内の微生物の構成に大きな影響を与えます。たとえば口腔内のバイオフィルム、
難しい言葉のようですが、ご家庭のキッチンや風呂の排水口がネバネバになりますが、あのネバネバがバイオフィルムであり微生物の集合体です。
このバイオフィルムの状態により、帝王切開で産まれた赤ちゃんでは3年後の虫歯のリスクが自然分娩で産まれた赤ちゃんの2.5倍高いという研究結果もあります。自然分娩でたくさんの菌と出会った赤ちゃんの口の中は多くの菌が寄り集まって集落を作っており、虫歯菌など特定の菌が突出した動きができにくくなっているからでしょう。

ここで皆様に質問です。
「無菌状態のラットと通常の環境で育ったラットではどちらが長生きすると思われますか?」

私がこれまで散々微生物の話しをしてきたので、多くの菌と共存する通常ラットが長生きすると思われた方が多かったのではないでしょうか。
実は、無菌ラットのほうが約1.5倍長生きするんですね。
「ほら、やっぱり菌を排除したほうがいいじゃなないか」と思わるかもしれません。でも、無菌ラットを通常の環境に置くと生存できないんです。産まれた時から無菌状態なので免疫の防御システムが出来上がっていないからです。それに我々が完全無菌箱の中で一生暮らすことは不可能です。であるなら、いかに微生物と共存していくかを考えるほうが現実的ではないでしょうか?

抗菌グッズに始まり、今や「微生物は人類の敵」とばかりの除菌ブームです。しかし、そのブームと歩調を合わせるようにアレルギー問題も浮上してきています。本来なら多くの菌と触れることで免疫のバランスが維持されるものですが、幼少時から清潔にし過ぎる(微生物を排除しすぎる)ことで免疫のバランスも維持できずアレルギーを発症しやすくなっているんだと思います。
便宜上「善い菌」「悪い菌」と言いますが、わたしは、免疫で排除される病原菌は別としても、微生物に善い悪はないと思っています。悪いと言われていても体内で重要な働きをしている微生物はたくさんいます。ピロリ菌なども胃潰瘍や胃がんの原因だと言われ強力な抗菌剤で除菌されますが、胃からこの菌がいなくなることで逆流性食道炎のリスクが高まるとの報告もあります。また、歯周病菌も病原菌のように嫌われますが、もともと体に住み着いている日和見菌です。歯周病菌の1菌種がいたからといって必ず歯周病になるのではなく、他の菌と結合したり、免疫が下がったりすることで発症するものです。

カラダの中ではいろんな微生物が集まって、お互い助け合い、またいがみ合うこともあるでしょう、それでもバランスを保っていくことが大切です。まるで我々ヒトの社会と同じですが、体内菌においてもいわゆる善い菌が少し優勢な状態を保つことが健康維持につながるのだと思います。

人類と菌の共存 イメージ4
最後にまとめです。
われわれ人体と共存している体内菌ですが、かつてないほど破壊されてしまった原因の一つに抗菌剤の普及があることは以前お話したとおりです。抗菌剤が多量に使用されたことにより薬剤耐性菌が増加し、比例して院内感染症の増加が顕著となり、化学療法の限界が顕在化してきました。確かに急性期において穏やかに予防的に作用するプロバイオティクスは次善の策となるでしょう。しかし、今後の予防医療を視野に入れた場合、多様性とバランスのとれた微生物の状態を維持していくにはプロバイオティクスが重要な役割を担っていくのではないでしょうか。
薬剤や無菌神話によって良い菌も悪い菌も除去していこうとする「引き算」よりも善い菌を定期的に取り入れる「足し算」によって体内常在菌の多様性とバランスを維持していくことが重要だと思います。
医療界においても引き算から足し算へ意識を変えていくことでこれからの医療のイメージが変わってくると真剣に考えています。
体内菌が喜ぶ生活を心掛け、体内菌と仲良く共存していくことが健康維持の秘訣だと思います。

赤ちゃんの1日の夜泣き・長泣きの合計時間が1/4になった乳酸菌・ロイテリ菌。世界80の国と地域の医療機関が採用。

チャイルドヘルス 驚くほど簡単な方法で赤ちゃんが1日に泣いている時間が1/4になりました。

詳しくはこちらをクリック

トップへ戻る